今、注目の『アポクエル』!
日本でも『アポキル錠』の名称で発売スタート!
米国では発売当初、大人気となり品薄状態に!
特長は、即効性!副作用が少ない安全性!革新的な作用機序!

アポクエル(アポキル錠)は、オクラシチニブマレイン酸塩を有効成分とした犬専用の薬剤で、アレルギー性皮膚炎にともなう、かゆみや赤み、腫れなどの症状を緩和するほか、長期的な治療が必要となるアトピー性皮膚炎の症状にも優れた効果を示します。高い即効性をもつ経口摂取タイプの薬剤です。

犬がかゆみを感じる原因として、ノミ、食べ物、カーペット消臭剤、シャンプー、殺虫剤、花粉やカビ、ホコリなどの環境アレルゲンなどが挙がられます。これらの原因によって、犬が自身の身体を舐める、噛む、掻きむしるなどの症状が出た際に、アポクエル(アポキル錠)は処方されます。

アポクエル(アポキル錠)は、かゆみや炎症などの症状を引き起こすサイトカインの産生を抑制することで症状を緩和します。摂取後4時間ほどで効果を発揮し、24時間以内にかゆみをコントロールします。なお、従来のステロイド系の薬剤のような副作用は、比較的少ないとされています。

アポクエル(アポキル錠)は、犬用のアレルギー性およびアトピー性皮膚炎にともなうかゆみを緩和する薬剤です。

日本語説明書あり
※メーカー英文説明書を部分的に抜粋して翻訳したものになります。


アポキル錠/アポクエル(Apoquel)3.6mg


アポキル錠/アポクエル(Apoquel)3.6mg



アポキル錠/アポクエル(Apoquel)5.4mg


アポキル錠/アポクエル(Apoquel)5.4mg



アポキル錠/アポクエル(Apoquel)16mg


アポキル錠/アポクエル(Apoquel)16mg



アポキル錠/アポクエル(Apoquel)


犬:アトピー性皮膚炎に伴う症状及びアレルギー性皮膚炎に伴う掻痒の緩和




即効性と安全性を備えた、効果抜群のアトピー性皮膚炎治療薬。


アトピー性皮膚炎に悩まされていた愛犬が、アポクエルという治療薬によって、すっかり回復しました!

■アトピー性皮膚炎にかかった愛犬

我が家の愛犬は、アトピー性皮膚炎に悩んでいました。

5歳になってから症状が出始め、獣医師に見てもらったところ、アレルギー症状が確認されました。
始めは症状は軽く、春先に出た症状も本格的に暖かくなった頃には、症状も治まったんです。

しかし、次の年の春先に再び症状が発症し、今度は症状が重く、かゆみもひどいらしく、全身を掻いたり、噛んだりするようになりました。

そして、症状も長く続き、春が終わっても症状は治まりませんでした。

■対処療法などで治療

病院でかゆみ止めの注射や飲み薬を処方してもらい、なんとか症状を少しでも抑えるようにしました。
獣医からのアドバイスで、ドッグフードを変えたり、処方されたシャンプーで毎日洗ったりと、あらゆることをしました。
もちろん、ある一定の解決は得られます。つまり、少しは良くなるんです。

しかし、症状が治るということはなく、掻きすぎることによって、所々ハゲが目立つようになってきました。
見ているとかわいそうで、飼い主の私もあまり眠れない日々が続くようになったほどでした。

■救世主・アポクエル現る

とにかくできる限りのことをして、できる限り症状を抑えること。
それしかないと思っていました。

そんなときに出会ったのがアポクエルです。

アメリカで大人気になったというので試してみることにしたのです。
少しでも効いてくれればという思いでしたが、時には期待以上の結果がでることもあるということを知った瞬間でした。
服用して半日後には、痒みがすっかり治まったようで、掻くのをピタッとやめました。

飼い主の私の方がすっかり驚き、一人声を出して、嘘でしょ?ってつぶやいた程です。
しかもこのアポクエルという薬、副作用が少ないといわれていますが、実際もいわれている通り、我が家の愛犬には副作用は見当たりません。
まさにパーフェクトといっても過言ではない薬です。

今までの私がしてきた労力は一体なんだったのであろう?
という非常に嬉しい嘆きをいいことに、ハゲていた箇所もすっかり今では回復しています。
私も安眠できるようになり、アポクエルは愛犬と私にとって、まさに救世主となったのです。

今、注目の『アポクエル』!
日本でも『アポキル錠』の名称で発売スタート!
米国では発売当初、大人気となり品薄状態に!
特長は、即効性!副作用が少ない安全性!革新的な作用機序!

アポクエル(アポキル錠)は、オクラシチニブマレイン酸塩を有効成分とした犬専用の薬剤で、アレルギー性皮膚炎にともなう、かゆみや赤み、腫れなどの症状を緩和するほか、長期的な治療が必要となるアトピー性皮膚炎の症状にも優れた効果を示します。高い即効性をもつ経口摂取タイプの薬剤です。

犬がかゆみを感じる原因として、ノミ、食べ物、カーペット消臭剤、シャンプー、殺虫剤、花粉やカビ、ホコリなどの環境アレルゲンなどが挙がられます。これらの原因によって、犬が自身の身体を舐める、噛む、掻きむしるなどの症状が出た際に、アポクエル(アポキル錠)は処方されます。

アポクエル(アポキル錠)は、かゆみや炎症などの症状を引き起こすサイトカインの産生を抑制することで症状を緩和します。摂取後4時間ほどで効果を発揮し、24時間以内にかゆみをコントロールします。なお、従来のステロイド系の薬剤のような副作用は、比較的少ないとされています。

アポクエル(アポキル錠)は、犬用のアレルギー性およびアトピー性皮膚炎にともなうかゆみを緩和する薬剤です。

日本語説明書あり
※メーカー英文説明書を部分的に抜粋して翻訳したものになります。


アポキル錠/アポクエル(Apoquel)3.6mg


アポキル錠/アポクエル(Apoquel)3.6mg



アポキル錠/アポクエル(Apoquel)5.4mg


アポキル錠/アポクエル(Apoquel)5.4mg



アポキル錠/アポクエル(Apoquel)16mg


アポキル錠/アポクエル(Apoquel)16mg



アポキル錠/アポクエル(Apoquel)


犬:アトピー性皮膚炎に伴う症状及びアレルギー性皮膚炎に伴う掻痒の緩和