このセミナーでは、スキャルピングで稼ぐ秘訣が多数紹介されています。

・順張りエントリーの精度を高める技術の習得方法とは?
・プロの順張りと逆張りの使い分けテクニックとは?
・リアルタイムでレンジ相場か、トレンド相場かをどう判別するか?

など、チャート画像や検証データをもとに、実践で役立つテクニックをわかりやすく解説しています。

当プログラムでは、セミナー動画(収録:1時間09分)にて、トレード手法や
具体的なノウハウについてを解説しております。

実際のチャートやトレード履歴から解説しておりますので
具体的にわかりやすくなっております。

さらに!
セミナー資料(全40ページ)を無料プレゼントいたします。

<セミナー目次>

メイントピック
①スキャルピング技術の習得プロセス
②順張り手法と逆張り手法の使い分け
③順張り手法が優位な相場の見極め方
④順張り手法の売買ロジック

スキャルピング技術の習得プロセス
①逆張りトレード手法
・基本的なエントリー方法
・エントリー精度を高める技術
・分割エントリーとベッティング
②「ヘッジ外し」のテクニック
③「うねり取り」のテクニック
④順張りトレード手法
⑤決済精度を高めるための技術
⑥環境認識を重視した資金管理

順張り手法と逆張り手法の使い分け①
順張り手法と逆張り手法の使い分け②

順張り手法の条件(1)
時間帯分析 ポンド円
時間帯分析 ポンドドル
時間帯分析 ユーロ円
時間帯分析 ユーロドル
時間帯分析 ユーロドル
時間帯分析によるトレンド発生の可能性

順張り手法の条件(2)
直近2時間のボラによるトレンド発生の可能性

順張り手法の条件(3)
15分足チャートにS&Rを設定した例
順張り手法の条件 まとめ
順張りでエントリーする可能性のある局面①
順張りでエントリーする可能性のある局面②
順張りでエントリーする可能性のある局面③

どのタイミングで順張りエントリーするべきか
S&Rのブレイク直前・直後にエントリー①
S&Rのブレイク直前・直後にエントリー②
S&Rをブレイクする直前にエントリー 実例
高値を更新した瞬間にエントリーする場合
安値を更新した瞬間にエントリーする場合
S&Rブレイク後の安値更新でエントリー 実例
順張りエントリーを慎重にするべき局面
トレンドが長期間継続した場合 実例
順張りエントリーを慎重にするべき局面
何度もブレイク狙いに失敗したポイント

どのタイミングで利食いするべきか
利益が大きく伸びた直後に利食い 実例①
利益が大きく伸びた直後に利食い 実例②
どのタイミングで損切りするべきか
逆指値(自動ロスカット)による損切り 実例

>>>順張り FXスキャルピング