カテゴリ: 恋愛



気になる女性を

遠くから観ているしかなかった

モジモジ男が、自分のままで、

好みの女性ばかりを惹きつけて、

デートも、恋人になることも、

愛のあるエッチも、

ラクラク実現できるようになった。

ウソみたいに一瞬で簡単な正攻法が、

ちゃんと存在するんです。

>>>気になる女性を遠くから見ているしかなかった奥手な男が声もかけずに一瞬で好みの女性ばかりにモテモテになったカンタンな口説き方

 

 



女性があなたに会いたいと懇願してくる
コミュニケーション術を学ぶオンラインスクール「CLC」

モテなかった男がストリートナンパで

本質的なコミュニケーションを学び

何時でも何処でも自分の力で颯爽と歩く美女を

ゲット出来るようになった方法をこれから伝えます。

好みの女子をゲット出来るようになれば

あなたの人生は180度変わります。

僕は元々モテないコミュ症でストリートナンパを始めるまで、

女子を楽しませることが出来ない
一緒にいて面白くないと言われる
好みの子と付き合えない、ゲット出来ない
男として見られない
ただのいい人で終わる
人に好かれない
自分に自信が無い
メンタルが弱い

など、男としての魅力がありませんでした。

出会う女子に僕と過ごす時間に価値を与えられなかったのです。

この人と一緒にいてもしょうがない・・・

という風に思われていたんですね。

しかし、”本質的な対人関係コミュニケーション”を理解し、

その上でストリートナンパのテクニックを実践した結果、

「外に出れば何時でも好みの女子をゲット出来るようになる」

「一緒に過ごす時間に価値を与え女子から会いたいとお願いされる」

「どんなタイプの女子でも楽しませることが出来るようになる」

「お互いに楽しい時間を過ごし、また会いたいと思わせることが出来る」

「ナンパした女子に声をかけてくれてありがとうと感謝される」

「セックスに困らなくなる」

「全ジャンルの女子をゲットできるようになる」

「男としての自信がつく」

「どんな場でも出会った人を楽しませるコミュ力がつく」

「鋼のメンタルがつく」

「人生を自分で変える行動力がつく」

これらのことがストリートナンパで得られたのです。

僕はストリートナンパで、

「一緒に過ごす時間に価値を与える」

ことが出来るようになったのです。

僕が声をかけた女子に、

「声をかけてくれてありがとう」

「また会いたい」

こんなことを言われるようになりました。

ストリートナンパについては様々な情報が、

ネットに出回っています。

「この方法を知ることで何もしなくても女子とセックス出来る」

「あなたはこれからこの方法で女子に求められるようになります」

しかし僕が見た殆どのそれは小手先のテクニックで、

本質的な”人間力”や”コミュニケーション力”を上げるようなものではなかったです。

様々な女子に声を掛け、

様々な女子をゲットし続けた僕だからわかります。

「このテクニックを覚えればセックスに困りません・・・」

「この方法だけ覚えてください・・・」

ハッキリ言って嘘過ぎます。

もし1つ2つのテクニックを覚えて、

女子から求められるなら世の中の男は皆モテます。

皆セックスに困りません。

こんなことを言っている奴らは何を言っているんでしょうか?笑

頼むからストリートナンパ出来ないなら語らないでくれ!

僕はこのように思っています。

もし、この先もモテる為、好みの女子とセックスしたいと思って、

努力を続けるのであれば嘘の情報に騙されないでください。

確かにストリートナンパにはテクニックがあります。

しかし根本的には人とのコミュニケーションなのです。

あなた自身の人間力、コミュ力のベースがあった上で、テクニックを駆使することで

あなたはこれから出会う女子に価値を与えられるのです。

それはあなたと過ごす時間にです。

僕は嘘を言いません。

これからあなたにナンパというコミュニケーションの、

本質の全てを話します。

この文章を読むだけであなたはナンパの本質に近づけると思って、

本気で書いております。

人間力、コミュ力をあげるのが大切なので、

当然結果が出るまでの時間は人それぞれです。

1週間で結果が出る人もいれば、

1ヶ月で結果が出る人もいる。

3ヶ月の人もいれば、

半年かかる人もいる。

これは事実です。

ただ人それぞれスピード感はあるので、

あなたのペースで高めていって欲しい能力です。

この期間を長いと思うか短いと思うかは自由です。

この少しの期間をあなたの成長の為の価値ある時間にするか?

運命の人が勝手に現れてくれないかなと長い時間を待つか?

僕は人生のうちの期間と考えると、とても短い期間だと思ってます。

あなたが本質的なコミュニケーション能力を高め、

人間力を高めることで、

この先の人生あなたは女子とのコミュニケーションに困ることはなくなり、

女子はあなたと過ごす時間に価値を感じ、

女子の方からあなたに会いたいと懇願されるようになり、

女子に「声を掛けてくれてありがとう」と感謝され、

楽しませながら好みの女子をゲットすることも夢ではありません。

なので本質的なコミュニケーションを学べて成長出来る教材兼コミュニティを作ったのです。

この教材兼コミュニティの名前は「CLC」です。

CLCとはCommunity a Life-Changingの略になります。

人生を変えるコミュニティと言うことです。

本質的なコミュニケーションを理解し、

人間力を高め人生を変えて欲しいと言う願いを込めてます。

>>>CLC

女性との関係で女性からコンタクトしてくる
などの良い条件で関係をスタートさせるための
最大のポイントは、女性にしっかりと興味を持って
もらってから関係をスタートさせる事にあります。

興味を持ってもらうためには、女性があなたを見て、

“その女性が心の底から求めているものを
あなたが持っている。”

と理解させる事が出来た時に、強い興味を持ちます。

それが女性の強烈なメリットになるからです。

それを考えていくのが、セフレを獲得していく上で大切に
なるポイントなのです。

しかし、多くの男性はそういった事を考える事なく
活動をしているのです。

ただ女性との接点を作業量を多くして作り。

どの女性にも同じような内容のメールを送り続けて
何かしらの反応があった女性に、一気に畳みかけるように
連絡を入れるんです。

が。

こういった方法を取っている限り、上手くなんていきません
し、そもそも女性の態度は全然良くありません。

どうでも良いという態度で接してくる事が多いからです。

人は自分が興味無いものを大切にしようとは思いません。

よって男性からゴリゴリに押して押して、口説いて口説いて
という行為は、女性に押し売りをしているような感じと
同じになってしまうのです。

そうするとその関係を大切とは思わなく、男性自体を
荒く扱う。もしくは、口では言えないから態度を冷たく
するなどをして距離を取ろうとします。

>>>■口説きもしない、逆に女性が口説いてくる。勝手に仕上がった状態で女性が積極的に抱かれにきた。男性が主導権を握った立場でのセフレ量産法【セフレ・バブル】■

 

 





■彼がいつ離れて行くか不安で仕方がない
■出会った頃と比べて態度が全然違う
■本当に私のことを好きでいてくれているのだろうか
■何故、男は浮気をするのだろうか
■私一人の女性では物足りないのだろうか
■最近、彼の考えていることが分からない
■彼は私と結婚する気はないのだろうか
■いつもやり逃げされてしまう
■理想の男性は見向きもしてくれない
■どうやったら、良い男を捕まえることができるんだろう

以上にあてはまることが、一つでもあれば、
ぜひ、これからお伝えしていく、
私からの手紙を読んでみてください。

最後まで読み終わる頃には、
あなたが抱えている疑問や不安は、
スッキリと吹き飛んでいることでしょう。

恋愛にいつも悩まされている多くの女性が、

■セックスをやらせてあげている
■セックスは男が努力するものだ
■セックスは男が射精するためのものだ
■あまり好きじゃないから、終わるのを待っている
■体だけじゃなく、心を見てほしい

など、セックスに対しての
消極的なイメージを持っています。

しかし実は、その「女性として当然の考えだ」
という固定概念が、男性の心を徐々に引き離して行っている
大きな原因なのです。

>>>女性のためのセックス講座~彼の心を鷲掴みにし、本当の愛を育む方法~

 



あなたの夫婦仲は、劇的に変えることができます。

離婚調停まで起こされて、会うことも拒否されていても、やり直すことができます。

「絶対離婚」と旦那様に言われていても、修復することもできます。

ずっとレスでも、旦那様から誘ってもらい、妊娠することもできます。

借金癖がある旦那様でも、あなたは、お金の心配がなくなります。



そんな劇的ビフォーアフターはもちろんのこと、大きな問題がないご夫婦でも、小さな幸せをたくさん増やすことができます。

「旦那様が、ぎゅっと抱きしめてくれました」

「以前に増して、お仕事をがんばってくれるようになりました」

「子供たちをかわいがるようになりました」

こんな日常の幸せを、日々、積み重ねる夫婦に、あなたとあなたの旦那様もなれます。

あなたもご自身の夫婦仲をもっともっとハッピーに変えていきましょう!!

>>>夫婦仲が劇的に変わる! ことばの魔法セミナー 動画版

 

 

↑このページのトップヘ